シンプルが一番!プリントしてポケットアルバムに残す

写真の残し方に迷ったらやっぱりシンプルなプリントがおすすめ

携帯やカメラなどで撮影した写真は皆さんどのように残していますか?パソコンにバックアップしたり、USBやマイクロSDカードなどに保存したり、さまざまな残し方があります。だからこそどのような保存方法が1番良いのかよくわからないという方もいるのではないでしょうか。そんなときにおすすめなのがシンプルにプリントして残す方法です。カメラで撮影したものは現像するという原点に立ち返り、全て写真の形にしてみてましょう。プリントした写真はポケットアルバムの形に収めるとバラバラにならず紛失を防げます。また、見やすくて便利です。シンプルで単純な残し方と思われるかもしれませんが、プリントする方法ならではのメリットもあります。

プリントして写真に残す方法のメリット

プリントして写真に残す方法の大きなメリットは、モノとして写真を残せるという点です。データで保存する方法にも、物理的な収納スペースをとらないなどのメリットはあります。しかし、データは何かの拍子に消えてしまう可能性もあります。例えばバックアップしていたパソコンが壊れてしまったり、保存していた媒体にファイルを上書きしてしまったり。あるいは、原因不明でファイルが消失してしまう可能性も0ではありません。 しかし、写真としてプリントしておけば物理的なモノになります。この状態であれば、汚したり破いたりしない限り、写真はずっと残り続けます。また、データとして保存している場合は、携帯やパソコンなどの電子機器がなければ見られませんが、プリントすれば見たいときにいつでもすぐ見られます。