思い出も追記しつつ!台紙タイプでアルバムを手作りする

写真データをそのままにしない

一昔前までは現在とは違いカメラを用いて写真を撮りフィルムを現像して紙に焼きつける、という手法が一般的でした。すぐに撮影した画像を見ることは出来ませんでしたが写真をアルバムに貼ることで、その時々の思い出を残しページをめくるごとに懐かしむという人は多くいたのです。今もカメラを愛用している人もいますが何気ない子供の日常生活の一コマや友だちとの思い出、綺麗な景色は常に身につけ手軽に扱うことが出来るスマートフォンなどを利用して、簡単に写真に残せるようになりました。何気ない日常を手軽に残すことが可能になった一方で、沢山撮った写真をそのままにしていたら、知らないうちにデータ自体が消滅してしまったというトラブルも起きているのです。

写真をプリントしアルバムを作る

撮影した写真を全て現像すると物が増えたり置く場所がなくなることに懸念を抱く人もいますが、厳選した写真を現像しこの瞬間はどのような様子だったのか思い出を追記するとよりわかりやすくなります。台紙タイプのアルバムに付箋やメモを作り、手書きでコメントを残すなどをすることで世界で一つだけのオリジナリティ溢れる手作りのアルバムが出来るのです。手作りという言葉だけを耳にすると難しかったり手間がかかるというイメージを抱く人もいますが、台紙を追加するだけで写真を貼るスペースを確保することが出来るので難しさや手間がとてもかかる、という訳ではありません。また思い出を追記することが難しいという人はその日の日時や天気、場所などを書くだけでもいいのです。